須磨海浜水族園のイルカショーにアマゾン水中トンネル?

2018年7月5日

 今回は前回の須磨海浜水族園の続きから紹介します!

メインワードは水中トンネルアザラシイルカショーです。

↑須磨水には瀬戸内海を一望できる高台があります。

↑手前に松の木も見えてより一層瀬戸内海の景色を際立たせています!

須磨水にはお子さんむけの小さな遊園地もあります!

スポンサーリンク

↑水族館に飽きたお子さんが遊ぶにはいいですねー

↑続いてはアマゾン館へ…どんな生物がいるのかな?ワクワク

 ↑入口からかなりアマゾンっぽい雰囲気です!

↑ここアマゾン館ではとても大きいピラルクといった種類のアマゾン生物が水槽を悠々と泳いでいます。

↑小さい色とりどりの小魚もいます。さすがアマゾン!

 さあお待たせしました。ここが一番のアマゾン館の見どころ!アマゾン水中トンネルです!

↑全角度すべてが水中トンネルになっておりアマゾン生物が真横を横切ったりします(笑)

↑アマゾン生物のお腹をこんなじっくり見るのも他ではなかなかできません!

↑ナマズっぽいけどナマズではないアマゾン生物!アマゾン生物独特の模様をしています。

亀さんがたくさんいるその名も亀楽園。

小さい亀から大きい亀までまさに亀楽園です(笑)

↑ペンギン館!

エサの時間でペンギンが整列していてとても可愛らしい姿でした。ピンボケしてるが残念です(泣)

次は心臓の弱い方はご注意を!アナコンダの時間です!

↑独特の色と模様!それにこの長さ…極めつけは!

↑おそろしや~一体何センチあるんでしょうか?真っすぐに伸ばして測ってみたいですね(笑)

スポンサーリンク

↑アナコンダトンネルとういものあり、ここからアナコンダを見ることもできます!人が周りにいるときは少し入るのが恥ずかしいです(笑)

↑お次はラッコ。

おっしゃーラッコ撮ったるでーと意気込んで入ったのですが、ラッコの泳ぐスピードが速すぎて皆さんに見せれるほどの写真が撮れませんでした…

なので

↑ラッコの赤ちゃんの幼獣の模型です。これでも十分かわいいですが、泳いでる本物のラッコを是非見てみてください!

↑ラッコのお食事の時間に行けば写真撮りやすいと思います!

↑ラッコって1日でこんなにエサを食べるんですね~

次はアザラシ

 ↑この目で見られるとたまりませんね~

 ここで本日1、2位を争うアザラシのベストショットをお見せします!↓↓↓

 

 いっくよ~ーーーーーー

 

↑アザラシの3ショットたまりませんねーかわいすぎ(*^-^*)

こんなかわいいアザラシに触れることもできます。

↑200円でアザラシを触れたら安いですよね。これはお得だと思います!

 最後に須磨水一番の目玉イルカショーについて紹介します!

 

↑イルカライブ館は席数が多く、いろんな席で様々なイルカの角度を楽しむことができます。

↑特に真ん中の前から4列目より前はイルカが飛んだ水しぶきで服がかなり濡れます。濡れたい人は積極的に真ん中の前に座りましょう!ちなみにイルカショーが始まる前にカッパを売ってるのでそれを買えば問題ナッシングです!もちろん私は後ろの端の方の席に座りましたよ(威張り)

そしてイルカショー開始!

 イルカって賢いですよね~お食事を貰うと飼育員さんの指示はちゃんと理解して行動するので私より賢いですよ(笑)お客さんが参加する体験型のショーもありそれでもしっかり指示を理解して聞いていたので改めてすごいなーと感心しました!むろんかわいい

↑イルカショー最大の見せ場イルカの大ジャンプ!深く潜ってからの垂直ジャンプ!会場一体がオオっってなります!(どーでもいーですが飼育員さんもサンタのかっこうで大変ですね笑)

 イルカライブの時間をあらかじめ把握しとけば周る順番の予定を立てられるのでこの時間を把握しておいてください!

~まとめ~

 イルカショー、アザラシ、アマゾン館は必ず見た方がいいのでこの3つは絶対行外さないように行くことをオススメします!

 ↓須磨海浜水族園前半を見逃した方はこちら↓

スポンサーリンク