大学4年間の間に何かスキルをつけよう!

2017年4月21日

 大学在学中の皆さん、見ず知らずの人に大学で頑張ったことを胸を張って言えますか?就活の面接とかで聞かれそうなテンプレな質問ですが、この問いに対し胸をはって頑張ったことを言える人はなかなか多くはないと思います。

 何もこの質問に答えることを目的にして大学で何かを一生懸命頑張る必要はないのですが、せっかく大学に行ったのですから何かスキルを身につけたいじゃないですか!

 今回は大学在学中にしておけばメリットのあるオススメのスキルの一長一短を紹介します!

1 アルバイト

 社会勉強の一環と考えれば、人間関係も学べますし、お金のありがたみも分かるのでアルバイトはいい勉強になりますね。

 しかし、お金を稼ぐことばかりに集中しすぎて学業がおろそかになる人もいるので注意も必要ですね。またアルバイトは人に一方的に使われる仕事が多いので、自分から能動的に動けませんし、その仕事に就かない限りスキルが必要なくなってしまうのが難点ですね。

 そう考えるとあまりアルバイトだけに集中するのではなく、他に身に着くスキルの勉強を何かしながらアルバイトを適度にすることがオススメです。

スポンサーリンク

2 留学

 大学在学中に海外に実際に行って、日本とは違う環境に身を置く留学もスキルアップにオススメです!

 何といってもその国の言語がすぐ身につくので言語能力はもちろんのこと、考え方の視野がかなり広がります。日本では当たり前のことでも海外では通用しないことがありますからねー。また就活で話す内容にも結びつけられそうですし。

 しかし、初めのうちは食事や文化の違いにとまどうことがあります(慣れたら楽勝なんですが、)また海外には治安が悪いところも多々あり(日本は治安がいいので)日本人はよくスリにあうので気をつける必要がありますね。

 学校の団体で行く留学は安全なところが多いのでそんなに心配は必要がありませんが、まあ念には念を入れよですね。

 以上より留学も十分なスキルになります。

3 資格

 資格取得も立派なスキルになります。自分が行きたい会社の関連のある資格を取っておくと面接でその話を交えて自分が大学で頑張ったことを堂々と話せますからね。その会社の分野のことにも詳しければ、即戦力にもなると思われますし。

 資格をたくさん取るのはいいことですが、資格頼みになってしまわないことが重要ですね。資格勉強はできてその知識はよく知っているんだけど臨機応変に動けないとか、不器用になってしまわなということです。

 資格を活かすなら、自身の中身多少必要ということですね。

4 パソコンスキル

 会社ではパソコンが必須というくらいパソコンスキルは重宝されます。特に今の若い人達はスマホの普及でパソコン離れが進んでいます。会社に入って一からワードやエクセル、ドキュメントを学ぶのは大変です。なので時間のある学生時代に身に着けるのが効率的です。

 大学なら授業で情報の授業もありますし、パソコンは実際触らないと身につきませんからね。

スポンサーリンク

 しかもそこにネットビジネスを取り入れれば、学生でも稼げますし、そこで安定的な収益が出れば学生企業なんいうのも夢ではありませんよ!卒業する前からいきなり社長ですよ!笑ってしまいそうな話ですが、それが今の世の中ですからね。稼げる人はほんとにがっぽり稼げますよ!

 パソコンスキルやネットビジネスに必要なことは、知らないことが出て来ても諦めないで最後まで粘り必ず解決することが重要です。ネット知識は広範囲で次から次へと分からないことが出てきますからね。

分からないから諦める!じゃいつまで経っても前に進めません。時間がかかっても続けた人が身に着けられるそんなスキルだと思っています。どのスキルでも続けることは大事ですね!

まとめ

・どのスキルも経験しておいて損はない
・1つのスキルを大成するにはそれなりの時間がかかる
・そのスキルが実際使えないかもしれないし、大成できないこともあることも覚悟しておかなければならない
・継続は力なり!

スポンサーリンク