ニキビには3段階対策が必要!そしてお肌に優しい牛乳石鹸とは?

2017年12月20日

 今絶賛ニキビ増殖中という人はいますか?

 ニキビって不潔そうに見えてしまいますし、こいつ体悪そうだな~と思われますしあっていいことないですよね。

 しかし、ニキビができるのは大方その人の生活習慣に問題があります。(ごくまれに体質に問題のある方もいますが。)つまりニキビができてしまうのは自業自得っていうわけなんです。

 ということは、自分次第ではニキビがなくなるというわけです。でもどういう対策をしたらニキビとおさらばできるんだろう?と思っている人もいると思います。

 そこで今回は、

3段階のニキビ対策を紹介します!

 この3段階方法を試せば85%くらいの確率でニキビが治ります。それくらい自信を持って推せる方法です!

1 食事療法

 ニキビ対策の第1段階は食事療法です。食事は、ニキビ造成に大きく関わっています。

 脂もの、糖分、辛い物の撮りすぎはニキビの増殖を手助けします。

 脂ものの摂りすぎは、皮脂を過剰に分泌させるため、皮脂が毛穴に詰まりニキビのできる原因になります。

 糖分の摂りすぎは、ビタミンB1に分解されず残った糖質が脂肪になり、それが体内に蓄積され、そのため皮脂が過剰に分泌しそれだニキビになります。

 辛い物の摂りすぎは、胃や腸に刺激を与え消化や吸収の機能低下を招くため結果としてニキビができやすくなります。

 上記ものはいずれも食べすぎないことが重要です。

 逆に食べるとニキビや吹き出物の抑制できる食べ物もあります。

 乳酸菌や食物繊維ビタミンB群などがそれにあたります。

 乳酸菌は、腸内環境を整えてくれます。乳酸菌は納豆、ヨーグルトなどの発酵商品に含まれているので手軽に摂ることができます。

 食物繊維を摂ると便秘が改善するのでニキビができにくくなります。便秘以外にも血行不良や食欲低下を改善する効果があるので是非とも摂っておきたい栄養素です。

 B2、B3(ナイアシン)、B6などのビタミンB群は、肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。また肌に必要な栄養素を運んでくれます。レバー、卵、納豆などにB群が含まれています。

 ニキビ対策には、ニキビを抑制してくれる食品を食事に取り入れつつ、バランスよく食べるのが重要になってきます。

2 睡眠療法

 食事療法で、ニキビが治らない場合は次の第二段階の睡眠療法を取り入れます。

 睡眠療法で大事なのは、睡眠時間の量ではなくて睡眠時間の質です。睡眠時間の質というのは、どれだけ深く眠ることができるかということです。なので安眠できなければ睡眠の質がいいとは言えません。

 睡眠の質をよくするのには、就寝前にスマホ、テレビなどの電子機器を使わないことです。電子機器は眼精疲労を招くため特に寝る前には避けた方がいいです。

 また肌にはゴールデンタイムというものがあり、22:00~2:00までがそのゴールデンタイムです。この時間に寝ると、成長ホルモンが活発化しより多くの肌のターンオーバーが促進されます。

 これによってニキビや吹き出物、肌荒れを防止することができます。

3 秘密兵器

 上記二つを試してもニキビが消えないという方必見です。そんな方にオススメしたい最終兵器があります!

 それはこちら↓

↑牛乳石鹸(青箱)という石鹸です。これが本当にニキビによく効くんですよ!無添加石鹸で肌や体にもよく石鹸からはほんのりジャスミンのいい匂いがします!

 この牛乳石鹸には名前の通り、ミルク成分が入っておりその乳脂が肌を保護してくれ、洗った後は手触りのいい肌になります!

 実際私も毎日牛乳石鹸青箱にお世話になっています。朝夜2回牛乳石鹸で顔を洗うと、肌に艶が出ていつの間にかニキビも消え去っていました!

 この牛乳石鹸実は、上記の青箱以外にも赤箱という商品もあります。

 青箱と赤箱の違いですが、青箱は、1つ80円で香りはジャスミンの匂いで主にオイリー肌の人用の石鹸となっています。赤箱は、1つ100円で香りはローズの匂いで主に乾燥肌の人用の石鹸となっています。

 ニキビは基本過剰な脂に分泌によるものなので、今回は青箱を紹介させていただきました。

 以上のニキビ3段階対策を摂るとほとんどの確率でニキビがなくなります。それでもニキビがなくらないという方は私に相談してください。次の手を考えますので!

まとめ

・ニキビ対策には、食事、睡眠を見直す必要がある
・食事、睡眠でも改善しない場合牛乳石鹸登場!
・牛乳石鹸は無添加なで体にいいのでニキビがない人でも毎日使える
・その時の自分にあった牛乳石鹸を見つけるのが大事