薄毛で悩んでいる人は予防対策の3つのことを守れ!

 20代前半で禿げてきた…こんなことになっては嫌ですよね?

 特に男性は男性ホルモンを多く持っているので薄毛になりやすいのでこの傾向があります。そしてもう遺伝だから諦めたという人本当に遺伝の一言で片付けていいのでしょうか?

 予防が早ければ早いほど、薄毛になる可能性が低くなってきます。この記事を見たあなた運がいいです!誰でも簡単にできる薄毛対策を紹介していきます!次の3つを守ればあなたもフサフサ!

1. プチ断食

 プチ断食これが薄毛対策には効果抜群なんです!世間的にはプチ断食は薄毛予防対策とあまり知られていません。それはプチ断食で薄毛予防されては育毛剤などの商品が売れないからです。では実際の方法と効果をお教えしていきます!

 方法は簡単で朝食を抜くだけでオーケーです。これは私がいつも書いている1日2食効果です。具体的には朝の10:00まで水やお茶以外の食べ物や飲み物を取らないようにしてください。これだけでいいです。

スポンサーリンク

 で効果ですが、空腹状態になると長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)が活性化し皮膚細胞のターンオーバーを増進し頭皮環境が良くなるからです!

これを証明する実験として有名な猿を使った実験があります。

↑左が普通の食事~満腹にし続けさせた猿で、右が腹7分の食事を続けた猿です。左に猿は表情がが右の猿に比べ弱弱しく体毛も右の猿に比べ薄いです。また左の猿は所々白髪も混じっています。

 このようにお腹いっぱい食べることが老化につながることがよく分かります。何が重要かと言うと胃や腸の活動期間を少しでも減らすことが大事なんです。そうすることで胃や腸を休めることができます。また飢餓状態に陥ることで体の各機能が活性化していきます。それに断食中は体から毒素が多く排出されますしいいこと尽くしです。

プチ断食は薄毛予防はもちろん他の病気予防にもなります!

2.22:00~23:00には寝るようにする

 これも薄毛予防には重要です。夜更かししすぎの人に薄毛の人が多いのはこれが原因の場合が多いです。

 22:00~2:00の間は肌のゴールデンタイムと言われ、1日の間で肌のターンオーバーが最も多く盛んに行われる時間なんです。この時間に起きていれば肌のターンオーバーの恩恵を受けることができず薄毛になるのも当然なのです。

 早く寝るだけなら誰でもできます。仕事で早く寝ることができない人もいると思いますが、23:00までに寝れば何も問題はありません。

3.毎日コップ1杯の豆乳を飲む

 豆乳は大豆からできておりその中に含まれるイソフラボンが薄毛効果につながります。

 豆乳は女性ホルモンが含まれていますから男性が豆乳を飲むことで男性ホルモンの分泌を抑えてくれます。女性で薄毛の人も飲むことで女性ホルモンが増加するので薄毛予防にもなります。

スポンサーリンク

 しかし、飲みすぎは禁物です。ホルモンバランスを崩すことになるので逆効果となります。

 そして飲む豆乳ですが、無調整豆乳を選ぶようにしてください。理由は調整用乳が体によくないことと無調整豆乳の方がより濃いく効果が期待できるからです。

出典:http://mognavi.jp/food/231176

↑オススメは北海道産のすごい大豆です。無調整豆乳が飲みにくいという人は少しきな粉を入れてきな粉豆乳にすると飲みやすくなります。きな粉も大豆からできているので、薄毛予防にもなります!

 そしてどうしても豆乳が飲めないと言う人は毎日1パック納豆を食べるようにしてください!納豆も大豆からできているので効果が期待できます。

まとめ

・とりあえず薄毛で悩んでいる人は上記の3つを試してみよう!
・どれも低予算でできるので経済的に優しい
・もう育毛剤に頼る毎日から早く脱却しましょう!

スポンサーリンク