道の駅広瀬富田城は藍染めや和紙作りが有名な少し変わった道の駅?

2017年11月15日

 日本の伝統的な藍染め和紙陶器に興味ありませんか?

 実はそんなあなたの願いを叶えてくれる道の駅が島根県にあるんですよ?それは道の駅広瀬富田城です!この道の駅は他の道の駅と少し変わっており、いい意味で道の駅っぽくありません。また近くに月山冨田城という史跡があり歴史を感じさせてくれる場所です!

 そんな道の駅広瀬富田城の魅力を紹介していきます!

1.道の駅広瀬富田城のお土産とは?

 では道の駅広瀬富田城とそのお土産を紹介していきます。

↑昔風の立派な一軒家みたいな感じの建物です。いい意味で道の駅っぽくないですね!

スポンサーリンク

 

↑隣には資料館があります。歴史好きの方は是非見て回ってください。

↑史跡富田城の全体図です。これで見るとかなりの広範囲に渡っています。興味がある方はじっくり散策してみてください!

↑道の駅富田城の前には飯梨川という大きな川が流れています。晴れていたらここからとてもいい景色が見れそうですね。

では道の駅広瀬富田城ならではのお土産を紹介していきます。

↑この周辺は藍染が盛んに行われている地域で、藍染商品がとても多く販売しています!値段は物によって違っており、千円~2万くらいとまちまちです。なのでけっこうお財布に余裕がないと藍染商品を買うのは厳しいです!

↑藍染に加え数種類の陶器も販売しています。こちらも物によってはまちまちです!俺には縁のないものですわww

↑そこで皆さんにオススメしたいのが、名産の和紙を使ったハガキや封筒です!ここ周辺は和紙作りも盛んです。上の写真の和紙を使った封筒は10枚で500円と高いですが、匂いがよく、触った時の手触りがとてもいいです!誰か大切の人に手紙を出したり、重要な書類を送るときなどにこれを買って使ってみてはいかがでしょうか?きっとうまくいきますよ!買って欲しい度★★★★★

 ここで皆さんお気づきになったかもしれませんが、食べれるお土産がここにはほとんど置いていません!なのでここに来るときは、食べ物系を期待してきてはいけません!

2.道の駅広瀬富田城は見て楽しめ!

 藍染、陶器、和紙これが広瀬富田城の名物お土産ですが、実は道の駅の中は機織り機の見学もできます!

↑たくさんの機織り機があります!実はここで生徒さんが実際機織りの練習をしているそうです!それにしてもこんなにたくさんの機織り機をこんなに間近で見れるなんて感動です!

スポンサーリンク

↑こちらは実際和紙を作る場所だそうです。どんな仕組みか全く分かりませんが、なんかすごそう…という初心者的思考だけはわきましたww

↑立派な和室を再現した展示もあります。道の駅でこんな展示ある所って他にありますか?私の知る限りここしかありませんね。

↑布で作った手作り布人形も展示されています。どれもカワイイですが、個人的には真ん中のヘビが好きですかね(笑)

 記念切符

道の駅広瀬富田城には記念切符は置いていません。

 スタンプラリー

↑さすが城があるだけのことはあり、武士と名前の月が入ったカッコイイスタンプにになっています!他の中国地方の道の駅のスタンプもこれくらいのクオリティーがあればいいのですが(笑)

まとめ

藍染陶器和紙買うなら道の駅広瀬富田城
・時間があれば史跡富田城も回ってみよう!
・人がすくないのでゆっくりできます。

広瀬富田城

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】水曜日 年末年始
【アクセス】
・山陰自動車道・安来ICから主要地方道安来木次線で南方面へ約11km(約10分)
・JR山陰本線・安来駅から車で約15分
【〒】692-0402
【場所】島根県安来市広瀬町町帳775-1
【電話番号】0854-32-2232

スポンサーリンク