あのトリックも!金曜ナイトドラマの笑えるオススメドラマ5選を紹介!

2018年7月6日

 皆さんごきげんよう~(←のっけから優雅な奴w)

 いきなりですがドラマはよく見ますか?ドラマと言えば月9や金日曜劇場と呼ばれる時間帯のドラマが主流ですが、何を隠そう私は金曜日の23:15から60分放送される金曜ナイトドラマが大好きなんですよ。

 金曜ナイトドラマはゴールデンドラマの内容とは少し違い笑い要素が強めのぶっとびドラマが多いんです。ということで今回は金曜ナイトドラマの笑えるオススメ5選を紹介していきます!今から紹介するのは、基本的に笑える金曜ナイトドラマの中でも特に内容が面白く笑えるドラマとなっているので、コメディドラマ好きな人には必見記事となっています!

1.トリック

 2000年に金曜ナイトドラマが放送開始されその第二作目となるのが皆さんもご存知の通り仲間由紀恵主演のトリックです。

 あらすじは、売れないマジシャンである山田奈緒子(仲間由紀恵)が日本化学技術大学の物理学助教授の上田次郎(阿部寛)と数々のミステリーや超常現象を解き明かしていく謎解き要素が強いものになっているがコメディ要素も強い。

出典:http://cachemoca.exblog.jp/19073224/

↑売れないマジシャン山田と物理学の助教授の上田とでは、一見凹凸コンビニ見えそうですが、物理学の教授であるのに上田はポンコツ(しかも超ビビりw)で謎を解くのはいつも山田という凹凸コンビに見せかけてまさかの逆というのが一つ面白いポイントです。

そして本編で登場するミステリーや超常現象も不気味なものが多く怖いという点もしっかり映し出しており見応えがあります。個人的には、トリックのepisode2の村人が全員消えた村は恐怖感があり面白かったです。

 トリックは、人気があったので第一シリーズだけにとどまらず、トリック2とトリック3もドラマでになっており劇場版トリックもたくさん作られています。一応すべてのシリーズを見ましたが、何度見てもまた見たいと思うのがトリックの魅力ですね。怖さと面白さの両方を兼ね備えた作品だと思っています。主題歌はどのシリーズも鬼塚ちひろが歌っており、ドラマとよく合っています。

 

2.時効警察

 二つ目は、2006年にオダギリジョー主演で放送された時効警察です。

 あらすじは、警察署時効管理課に所属する霧山修一郎(オダギリジョー)が、趣味でもう既に時効を迎えた殺人犯だけをターゲットに、霧山に好意を持つ交通課の三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決の時効事件を調査し調べていくという現実ではありえないミステリー話で随所にコメディ要素が入っており、トリックと共通する点も多い作品。

出典:http://www.fami-geki.com/detail/index.php?fami_id=01190

↑前提として時効警察の登場人物は、基本狂っています。というのも時効管理課のメンバーは毎回談笑ばかりして仕事をまともにしていません。カエルちんという意味不明な名言も生まれました(笑)そして主人公の霧山もかなりの変人です(見た目でなんとなく分かると思うけど)それが逆によく各キャラクターの魅力が存分に発揮されているのがオススメポイントです。

霧山は、犯人を暴く際、誰にもいいませんよカードという時効事件の犯人に渡すカードを渡す場面もこの時効警察ならではでミステリー要素もちゃんとあります。毎回霧山が時効事件の犯人を解き明かすので、もうお前一課に行った方が検挙率上がるんじゃねーの?というくらいのレベルです。

 また霧山と三日月の恋の行方も見どころです。三日月から霧山へのアピールは凄いんですが、霧山は、全く三日月に興味がなく扱いが雑でそれがまた面白いです。

 時効警察は、トリック同様に人気が高く第二シリーズである帰ってきた時効警察も放送されています。そのくらい面白いということです。

 

3.スシ王子!

 三つ目は、2007年に堂本光一主演で放送されたスシ王子!です。

 あらすじは、かつてスシ王子と呼ばれたこともある自然流琉球空手の使い手米寿司(堂本光一)が、銀座で囚われている母親に会うため、旅をしながら、幾多の寿司職人を倒していくアクションコメディドラマである。

出典:http://blog.livedoor.jp/gorakugohharajyuku/archives/51347557.html

↑寿司職人なのに魚の目を見ると、錯乱状態に陥り暴れ出すウオノメ症候群という精神的な病気を持っていたり、絶望的に美的センスがなかったり、毎回仲良くなるヒロインにいつも振られたりカッコイイのにダメな奴という所が面白いです。

自然流の使い手ということもあり、毎回型を披露しているのですが、「沖縄の~ウミガメ」や「ガジュマルガジュマル」などの型がダサく弱くいつも喧嘩でボコられる点も面白いです。

 KAT-TUNの中丸も河原太郎として米寿司の弟弟子として出演しており、その掛け合いもポイントで、最終的に米寿司は、母親に会うことができるのかという所も見逃せません。

 人気が高かったので、映画にもなっており映画では重要人物が死んでしまうというまさかの展開もありドラマの続きにもなっています!

 

4.モップガール

 四つ目は、2007年北川景子主演で放送されたモップガールです。

 あらすじは、ウエディングプランナーをしていた長谷川桃子(北川景子)は、数々の仕事での失敗により特殊清掃課に異動になる。幼い日にある女性から受けた能力で遺品に触れるとタイムリープをする。この力を使い死ぬ運命にある人を救っていく…

出典:http://kfm1024.blog120.fc2.com/blog-entry-20.html

↑このドラマは主人公桃子と特殊清掃課の上司である大友将太郎(谷原章介)との掛け合いがとても面白いです。普段桃子をこき使うのに、好きな外人美女に釣られたり、桃子に適当に言いくるめられ、手助けをしてしまいます。

 また北川景子のデビュー作と言ってもいいほどの作品で初々しい北川景子を見ることもできます。というのも桃子というキャラがとても変わっており、女子なのに筋肉マニア(自分がなりたい)であったり、ドジで「もげっ」というわけのわからない奇声を発して倒れたり、アホの天然記念物と言われたり、女子なのに扱いが酷かったり、今の北川景子じゃ絶対見られない役を熱演しています。

 物語には隠された秘密もありその秘密が将太郎と関係している所も見逃せません。

 実はモップガールは、アメリカの作品に似ているとかいう理由で現在までDVD化されていません。なので見たいという方はユーチューブで上がっていると思うのでモップガールドラマで検索してみてください。これがDVD化していないなんて残念すぎる…

5.未来講師めぐる

 最後は、2008年に深田恭子主演で放送された未来講師めぐるです。

 あらすじは、先ほど紹介したモップガールとは反対に食べ物を食べると20年先の他人の未来が見えてしまう塾英語教師めぐる(深田恭子)が将来の自分や他の人達とどう向き合うかを主題としたコメディドラマである。

出典:http://nakaikana.tistory.com/239

↑物語は平和で進展が少なく、めぐるが生徒の20年先を見てどういう方向に向かわせるかや自分の彼氏であるゆーき(勝地涼)の20年先の姿に悩んだりし。めぐるの突拍子もない行動が面白いです。

 塾講師であり、その他のクセの強い塾講師も集まっており、特に今人気の星野源がキモくていけすかない奴として熱演している所もポイントです。また毎話塾の名前が変わり、第八話で何故かズラアカデミーになったり、そこも見逃せません。

 物語全体を通し進展がなく気楽に楽しく見たいという人向けになっています。

 ではおまけで惜しくもランクインから漏れた作品を番外編として紹介します!

 

番外編:重要参考人探偵

 重要参考人探偵は、2017年KisMyFt2の玉森裕太主演で放送されたミステリードラマです。

 あらすじは、主人公弥木圭は、幼き日のある出来事により日常的に死体を最初に見てしまう第一発見者になってしまう特異体質がある。そのせいで毎回重要参考人として警察に疑われることになり、捕まるか捕まらないか後一歩の所で名探偵弥木圭が舞い降りる?

出典:https://ameblo.jp/shion2525117/entry-12301174281.html

↑物語の見どころは、なんと言っても毎回第一発見者となってしまい警察に連行されるところで謎を解明しスリル満点な所です。仲間で友達の自称名探偵斎や女好きのシモンのキャラも際立っておりコメディ要素もたくさん散りばめれられており、怖いだけではありません。

 特に殺人犯が誰かを考えるための時間稼ぎはいつ見ても笑えます。圭の特殊体質になった経緯についても後々明かされる所も見逃せません。

 主題歌は、KisMyFtが歌う「赤い果実」という歌でこのドラマとよくマッチしておりカッコイイです。

 

まとめ

・金曜ナイトドラマは基本笑える
・紹介した中でもオススメはモップガール
・これを機に金曜ナイトドラマを見てみては?