ブログが好きだからブログを書いているわけじゃない。お金が欲しいからブログを書いているんだ

2018年10月10日

 私はブログを書くのが好きではない。

他のブロガーはこぞってブログが好きだからブロガーになったと言う。本当に好きでブロガーになった人は私からすれば尊敬の域にあたる。

ここで少し考えてもらいたい、ブログを書くのが好きだからブロガーになったという人の中で、収益が無くなったらブログを続ける人が何人いるのか。それでも続ける人は1割未満であろう。

ブログを書くのが好き結果収益がついてくる、だからブロガーになった。これがほんとんどのブロガーが辿ってきた道であろう。

だが私は違う。私はブログで不労所得が欲しいがためにブログを始めた。別に書くことが好きではない。つまり私は、収益が無くなればすぐにブロガ―を辞めるということだ。

スポンサーリンク

ここで言いたいことは、Twitterなどでよくブログが書くことが好きなのでブロガーになりました、とよく見かける。でもそれって本当にブログを書くことが好きなの?ブログを書いた結果収益が出たからブログが好きなんじゃないの?と言いたくなる。

また別の例ではアフィブロガーがアフィのコツ教えますとか甘い言葉で誘惑してくるが、メルマガやライン登録のための勧誘であって実際登録してみるとろくでもない情報ばかりである。

何が言いたいかと言うと、好きって言っている事の裏に別の理由があるんじゃないのという意味。これは現実世界でも言えることで、人や物事の裏には別の目的があるということ。

世間ではこれは当然なのだが、最近はあまりにもそういう裏が多いような気がする。

こんな世界になってしまった中なので私は、正直に生きてゆきたい。きっとそれが将来の役に立つと信じているから…

スポンサーリンク