藤井聡太四段のような天才棋士になる方法を紹介!

2017年6月16日

 藤井聡太四段の快進撃が目覚ましいですよね!今では毎日のようにニュースで放送されているくらい注目されています。14歳でプロ棋士なり公式戦で未だ無敗ではそりゃ天才とも言われますよね!

 そんな天才の藤井聡太四段ですが、実際あなたの息子さんを藤井四段みたいな天才棋士にしたくありませんか?将棋を小さい頃からしてプロを目指していた私の目からしても藤井四段は別格ですが、あることをすると少しでも藤井四段のような才能を息子さんに開花させることができます!

 そんな天才棋士を育てたい親御さん必見!天才棋士を作る方法を紹介していきます。

1 とにかく小さい頃から将棋に触れさす

 天才棋士になる過程においてこれが最も重要な過程です。先人の鉄は熱いうちに打ていうことわざがあるようにとにかく小さい頃から将棋に触れさして将棋を好きにさせることが何より大事です!

 父親が、息子をプロ野球選手にするために2,3歳の頃からボールに触れさしたりするという話がよくありますがまさにそういうことです。

スポンサーリンク

若ければ若いほど吸収力が早く覚えるのも早いのでそれを利用するというわけです。藤井四段や羽生善治三冠など才能ある棋士はいずれも中学生で棋士になっています。まさにこれが鉄は熱いうちに打て効果というわけです

しかし、あまりに押し付けすぎて将棋自体を嫌いになってしまうとそこで終わってしまうのであくまで最初は遊び感覚で将棋をさせ徐々に将棋を覚えさせていきましょう!

2 4~5歳で将棋教室か将棋倶楽部に入塾しておく

 将棋に興味を持たせたら次は、色々な人と将棋をさせて勝つ喜びや負ける悔しさを覚えさせるため家の近くにある将棋教室や将棋倶楽部に入塾することです。

 将棋教室に行くと同世代の子達と将棋の対局ができるため切磋琢磨し絶対負けたくないという気持ちが芽生えより強くなるために将棋への熱の注ぎ方が強くなります。同時に負けの悔しさもしり次は負けないという気持ちも棋力上昇の鍵になります!

 また将棋倶楽部ではおじいさんやおじさんを初め、色々な年齢層の人と将棋を指すことができるので、視野や大局観が広がり色んな戦法や工夫を凝らすのが得意になります。

 将棋教室などは、棋士の先生とも結びつきが強い所がたくさんあるので将来の師匠選びにも困らずに済むので是非早めの入塾をしておいてください!

3 定跡や詰将棋などで研究する

 過去のプロの指した棋譜や将棋の基本形である定跡を並べたり、詰将棋を解くことが実力向上に大きくつながります。

 小学生のお子さんは定跡を並べるといった研究を嫌がるので、逆に研究や対策を勉強していると他のお子さんととても差がつきます!事実藤井四段も研究家でとても熱心に色んな手筋や定跡の研究をしているみたいです!

 私も小学校時代研究をほとんどしなかったので実力が伸びずプロになれませんでした。今戻れるなら戻りたいですねマジで!

4 将棋大会には積極的に出る

 同世代のより強い人達と戦いより強くなるためには、将棋大会に出て将棋に大事なタルを鍛えることも必要不可欠です。

スポンサーリンク

 将棋大会は普段対局しないような人とも対局ができ本当の一発勝負なので将棋に大事なプレッシャーの対応力やメンタルを強くするのにはとてもいい機会の場になります!

 実際私も将棋大会に出まくって将棋でとてもメンタルが鍛えられました!一時期は県2位になったほどです(唯一の自慢)

 積極的に将棋大会に参加し精神面も鍛えていきましょう!

5 小学校4~5年生のうちにアマ五段に到達しておく

 棋士で活躍しているほとんどの人が、小学校高学年にさしかかる頃にはアマチュア五段になっています。アマ五段と言うと、プロ棋士になるための養成機関奨励会試験を受けれるレベルなんです!この奨励会に入らないとそもそもプロ棋士にはなれないので奨励会にいち早く入ることが重要になってきます。

 そのため奨励会を受けてギリギリ合格できる圏内のアマ五段に小学校4,5年にはなる必要があるというわけです。

 奨励会に入ればそこからは四段になるまでひたすら上を目指して将棋を指していくというわけです。奨励会には年齢制限もあり26歳以内にプロのなれなければ大会させられるのでそういった意味でも早く入る必要があるというわけです。

6 おまけ

 藤井聡太四段の驚異の直感力の理由は、3歳の頃から遊んでいた積み木も大きく関係しています。テレビでも取り上げられていましたが、キュボロという積み木です。

出典:http://www.galiton.co.jp/details/02-block/menu_cuboro.html

 この積み木には穴がありそれを組み立てて行き最後に穴の中にビー玉を入れて上から下まで通り抜けることができたらクリアとなります。大人でも全て完成させることは難しく、高度な思考力と読みが必要になってきます。このキュボロで得られる能力は将棋で鍛えられる能力ととても似ていますので藤井聡太四段は、これを3歳の頃からやっているとのことなので異次元の才能を手に入れたのではないでしょうか?

 少々値段が高いですが、才能ある棋士に育てあげることができれば安いと私は思います。

まとめ
・上記の1~6を試すと必ず強くなり、才能も開花します!
・将棋界はまだまだマイナーなのであなたの息子さんにも大いにチャンスはあります!

スポンサーリンク