お菓子の里丹波は和菓子・洋菓子両方買えるたくさんの館が集まった穴場スポット!

2018年10月10日

 皆さん和菓子や洋菓子が好きですか?

 以前鳥取県米子市にあるお菓子三昧の城お菓子の壽城を紹介しましたよね?私もお菓子集合施設は米子にしかないと思っていたのですか、なんとお菓子の里丹波というお菓子施設が丹波にありました!

鳥取にあるお菓子の壽城の記事はこちら↓

 このお菓子の里丹波は、とても大きな施設の割に人が少なくゆっくりお土産を見ることができるんです!

スポンサーリンク

しかも中には綺麗な庭園が広がっています!私が超オススメしたい穴場スポットなんです!スイーツ好きに人必見です!

1.お菓子の里丹波本館

 まずお菓子の里丹波本館を紹介します!

↑建物は奥行が長く中はけっこう広いです!ここは主に和菓子中心にお土産を販売しています。

↑中は広いのに人がほとんどおらず非常に快適にお土産選びができます。こんな場所を未だに知らかったの自分を悔いています(笑)

↑丹波と言えば黒豆です。この黒豆茶は試飲することができ、普通の黒豆茶より味がとても濃いく美味しいです!すごく癖になる味なので是非試飲してみてください!

↑こちらは壺に入った高級な黒豆茶。4500円と桁違いな値段をしてます!いつか飲んでみたいですね。

↑こちらは黒豆ごま豆腐。ごま豆腐なら知っていますけど、黒豆ごま豆腐は初めて見ました!

↑でたーご当地ドロップ!今回は黒豆の模様です…うーんどんな味がするのでしょうか。決して欲しいとは思いませんが記念に買ってみるのもありかもしれません。

↑丹波と言えばそう栗も有名ですよね。でも値段が尋常ではないくらい高い!こんなんお金がいくらあっても足りませんよね~次

↑普通のサイダーだと思いますが名前とパッケージが可愛かったので撮ってみました!

スポンサーリンク

↑オシャレな缶に入った洋風せんべい。缶もあとで使えそうなので、他の人に渡すお土産とかにオススメです!けっこういい値しますが(笑)

↑漬物好きにもたまりません、けっこう種類が豊富です!試食できないのが辛い

↑ここお菓子の里丹波で売れてる人気NO1商品が、こちらの黒豆抹茶ロールだそうです。中に生クリームと黒豆となんとわらび餅が入ってます。これは食べて見るしかないでしょ!

↑味は抹茶が中の生クリームの甘さをかき消してくれすごくあっさりしています。また黒豆もいい美味しさを出していますが、わらび餅だけ他と浮いてる感じがして単体で食べてもいいかもという印象です(笑)全体的にはとても美味しいロールケーキです。値段もそこそこ安いですし!★★★★

↑お菓子の里丹波本館2階には民芸品が展示されたコーナーがあり自由に見学することができます。

↑お菓子の型を取る機械です。色んな形があって面白いです!

↑昔の将軍様が乗っていた駕籠です!中を見るとかなり狭く昔の人が小さかったことがよく分かります。しかもすごい暑そうです。

↑お菓子の里本館を抜けると中には大きな庭園が広がっています!緑が多くてとても気持ちいです。次なる館を目指します!

2.茅葺きの家

 お菓子の館本館から西へ進むと茅葺きの家が見えてきます。

↑けっこう本格的な茅葺きの家です。中に入ることができます。

↑昔ながらの日本家屋の構造が残っておりわくわくします。ここでお茶でも飲めば最高ですよね!しかも冷房効いていないのにけっこう涼しいんですあら不思議!

↑囲炉裏もあり昔を感じさせてくれます。ここを囲んでご飯食べてみたいな~

3.ドイツ館

茅葺きの家から西にすぐ進むと今度はドイツ館が見えてきます。

↑シンプルな構造ですが、中はオシャレになっています!

↑中はオシャレなカフェ調になっています。

↑これはお菓子の家だーーーって本当のお菓子でできているわけではありません(当然)お子さんの記念撮影にはいいですね!

↑わたがしもなぜかできます(笑)これとドイツ何が関係あるのか分からんww

↑ドイツと言えばビールですよね。ここには本場仕込みのビールがたくさん置いています。酒飲み集合じゃいーーー!!

↑本物の飴に似たガラス細工キャンデーも面白いです!高いけど記念品には十分なりますね~

↑こちらの黒豆はドイツ館でオススメです!パンも甘く中に入ってる黒豆も甘いので飲み物があれば最高に美味しいです!これは買っておくべき!★★★★

 ドイツ館ではパン作りや、ソーセージ作りなどの体験もできるので、よければ調べてみてください!

↑ドイツ館から今度は北に進みます。それにしても緑がとても綺麗で心がすごく癒されます!

4.異人館ミオール

 では最後は一変して異国感漂う異人館ミオールを紹介します。

↑もう見た瞬間からテンションが上がるのと同時に少し高そうで入りにくいオーラがプンプンしています!

↑異人館ミオールは、主に洋食屋デザートなどを食べるレストランになっています。しかもかなり高い(もう出すお金は一銭もない…)

↑中はすごくオシャレです!なんじゃこの王国漂う雰囲気は!ロイヤルか!

↑何も食べれなかった私ですが、ティーカップの展示コーナがあったのでしっかり写真に納めました。各国のティーカップがたくさん展示してありすごくテンションが上がります!(見学は無料です)

↑24金のマイセン!!もうこれを生で見れただけでも十分なのであります!とにかく感動しました!

以上がお菓子の里丹波紹介です。名前の通り本当にお菓子ばかりあります。

似たような丹波黒豆の館という施設が近くにあります。ここも丹波の黒豆や丹波の名産がたくさん買えますのでオススメです!

黒豆の館の記事はこちら↓

まとめ

・お菓子の里丹波は人が少ない穴場スポット!
・たくさんの館が集まっているので1日いれる
・少しお金を多めに持っていくことをオススメします!
 

お菓子の里丹波

【営業時間】10:00~18:00
【定休日】年中無休
【入場料】各館無料
【〒】669-2202
【場所】兵庫県篠山市東吹416
【電話番号】 079-590-2133
【アクセス】舞鶴自動車道、丹南篠山ICよりすぐ

;

スポンサーリンク