鳴門海峡を一望できるうずの丘は淡路と徳島のお土産におったまげ~がある?

2018年3月28日

 おったまげ~

 この言葉最近よく聞きますよね!そう今テレビで活躍している平野ノラさんがよく言うギャグです。なんとそのおったまげ~を実物化したものが淡路島にあるんですよ!まさにおったまげ~じゃないですか?(←完全にすべった)

 そのおったまげ~がある場所こそ今回紹介するうずの丘大鳴門橋記念館という鳴門海峡の絶景を一望できる施設です。ここはおったまげ~と絶景だけでなく、淡路島と徳島のお土産を多数置いていたり、施設に玉ねぎに関するものがたくさん設置されているんですよ(←どや顔)

 また施設内にはレストランもありここのレストランはテレビで放送されるくらい全国的に有名なんですよ!

 この記事を見たらあなたもおったまげること間違いナッシングですよ(←すべり2回目)

スポンサーリンク

↑うずの丘の外観です。奥行が広くとても大きな施設となっています。この施設は全国のテレビ局が来るくらい有名です。

1.淡路島と徳島のお土産が野村満載

 では鉄板のお土産から紹介していきます。

↑淡路島と言えば言わずもがな玉ねぎが名産です。ここではたくさんのオニオンスープが置いてあり、試飲をすることもできます。右側のオニオンスープはあまり辛すぎずあっさりめで美味しいです。しょうがスープも意外といけます。

 間違っても私みたいに何度も試飲に行くような意地汚い真似はやめてくださいね(←ここ重要)

↑淡路の玉ねぎと淡路牛を使った淡路島カレーもたくさん置かれています。中にはいちじくカレーなんていうものもあります(こんなの誰が食べるのでしょうか)普通の淡路島玉ねぎカレーは、かつて食べたことありますが、甘くて美味しかったです。

↑気になるのはこちらのバカみたいな値段の淡路牛ステーキカレーです。もう値段からしてバカ(2回目)です。こんな値段のカレー一体全体どこの大富豪が買うのでしょうか?そしてどれほど美味しいのでしょうか?私には分かりません。教えておじいさん。

 案の定全然売れていませんでした(定期)

↑こちらの2種類の淡路島の玉ねぎが使われたジャムはオススメです。なぜオススメかというと、

↑食べる前に試食ができ味を確認できるからです。好みによりますが、私は、白いファンキーオニオンディップの方をオススメしたいです。タルタルソースのあっさり版でとても食べやすいです。クレイジーは私には辛すぎました。

↑こちらの玉ねぎドレッシングもオススメです。何故かというと、

↑試食をすることができるからです。(2回目)食べた瞬間これだ!って衝撃が走りました。サラダ好きな人にはオススメです!

 他にも試食がありうずの丘お土産コーナ―は、試食の宝庫です。試食だけでお腹いっぱいになるので意地汚い人は何度も知らぬ顔で試食をしてお腹いっぱいにしよう(←悪い教え)

↑淡路島は牛乳も名産です。その牛乳を使ったバームクーヘンもあり入れ物が牛乳パックで可愛くてお土産にはピッタリです!まんじゅうじゃなくこういうお土産欲しい(小声)

↑何を血迷ったのでしょう、牛乳カレーなんていうものもあります。合わなそうな気もしないわけではないですが、やはりオーソドックスなカレーの方が食べたいです。というのも昔給食でカレーの中に牛乳を入れてたア〇がいたので(←トラウマ)

↑もちろん玉ねぎも販売しています。淡路島は玉ねぎはとても甘いので絶対に買っておきたい所です。

スポンサーリンク

 では今までたくさんのお土産を紹介してきましたが、その中でもイチオシしたいお土産2つをお教えします!先に言っておきますが、マジデコレハカットケ(←上から中国人)

↑1つはうずの丘売り上げNO1のおいもさん巻です。ご丁寧に右側に当店NO1と書かれています。

↑開けてみると鳴門金時を潰して固めた羊羹みたいなものにどら焼きの生地を巻き付けています。今丸かじりしたいと思いましたね?はい私も見た瞬間思いました(素直)

↑実際食べてみると羊羹ではなく、鳴門金時をそのまま食べているような感覚で甘さ控えめですごく美味しいんですよ!生地も甘すぎず本当に芋の甘さだけなので大人の和菓子です!これは超オススメ!

 おいもさん巻★★★★★

↑もう1つのオススメはこちらの鰹節状のチーズの花びらオニオンチーズです。真ん中の機械からチーズをすりおろしています。3種類の味があり試食もできるので自分に会った味を選べる所が魅力です。

↑そのまま食べるだけでなく、ミートスパゲッティやサラダやピザなど上にかけるとアクセントになりより美味しくなります。

 私は、この花びらオニオンチーズが大好きすぎて、いつも3~5袋ぐらい大量買いしてしまいます。そんなに大量に買ってしまう訳なんですが、大好きすぎるというのもありますが、うちの母親がバクバク食べてしまうので(超小声)

 花びらオニオンチーズ★★★★★★

2.全国的に有名なレストランとは

 次にテレビで度々紹介されてるレストランについてお教えします。

↑ここのレストランイチオシはなんといってもウニです!そのくらいウニを推しています。値段は半端なく高いですが(笑)

出典:http://rest.uzunokuni.com/archives/2015/06/uni-06184413.html

↑そして一番人気がウニを入れて煮込んだスープの中に具を付けて食べるうにしゃぶです!これは、たむけんや他の芸能人が絶賛しており、もうめっちゃ旨い!との評判がものすごく高いです。締めのうに雑炊は他では食べれない味の美味しさらしく色は黄金色をしています。

 そんなわけで私もこのうにしゃぶを食べることに…

 

 って時価4000円~6000円するうにしゃぶを貧乏大学生の私が食べれるはずもなく…あえなく断念したわ(キレ気味)

↑他の1品料理も1品といえないくらいの値段でとことん私を苦しめてくれます…

↑この運命の階段を登ればレストランなのですが、あえなくラスボスの前に私は倒れゲームオーバーとなりまた次の機会になりました(泣)

3.施設内に玉ねぎ関連のものが多数

 このうずの丘には玉ねぎ関連の面白いものがたくさんあるんですよ。

↑テレビでも度々放送されているたまねぎキャッチャー。玉ねぎを1つ取ると、1.5kg分の玉ねぎが貰えます!ちなみに1プレイ100円なので1回で取れるとすごいお得です。

 このキャッチャーの難点として1台しかないので、混みあう所です。朝早くに行けば比較的プレイできますが、昼すぎとかに行くと並んでいる人が多くてなかなかできません。しかもたくさんのギャラリーが見ているのでプレイに全く集中できなくなります。

 人嫌いな私には最も不向きなゲームです(適正なし)

 挑戦したい方は早めに行くことをオススメします。

↑たまねぎの椅子なんてのもあります。こんな椅子他ではまず座れませんよ?

 いつ座りますか?今でしょ!

↑出ました。道の駅うずしおにもあった、たまねぎカツラ(笑)これを被り、

↑この玉ねぎと書かれた、丁度中心部分と少し右側に穴があるのですが、そこから顔を出している強者家族がいました。

 ただでさえ皆の前顔出しパネルから顔を出さないといけないのに、それにたまねぎカツラを被るその勇気称賛に値します。勝手に玉ねぎになっといてください。

4.おったまげ~に絶景!

 ではこの記事一番の見どころおったまげ~と鳴門海峡の絶景をお見せします。

↑見よ!おっ玉葱と書かれてるがこれがおったまげ~だ!こんなでかい玉ねぎかつて存在しただろうか…これには平野ノラもおったまげるであろう。

↑インスタ映えするとの情報もあるのでここに来たら、玉ねぎカツラ被っておったまげの前でおったまげ~と言うんだぞ(命令)クールなワシは絶対やらんが。

↑そしておったまげの裏からは鳴門海峡の絶景を一望できます。山の向こうに海と橋がありその向こうに徳島県が見えているのがたまらなく綺麗です!ここからの写真撮影も必須。

 最後に、ここうずの丘は、以前紹介した道の駅うずしおと車で5分くらいの距離でとても近くセット寄りできるようになっています。

 道の駅うずしおで食べることのできるバーガーグランプリ全国1位のオニオンキッチンのオニオンビーフバーガーもうずの丘で食べることができるので興味ある方は食べてみてください!超オススメです!

 道の駅うずしおの記事はこちら↓

まとめ

うずの丘大鳴門橋記念館は淡路と徳島のお土産がたくさん買える
・レストランではうにしゃぶが食べられる
玉ねぎ推しが熱い!
おったまげ~鳴門海峡の絶景は撮影すべし
全国No1のハンバーガーも食べれる。
・結論:うずの丘は、何でも揃ってる最強施設!

うずの丘大鳴門橋記念館

【営業時間】
・9:00~17:00

・レストランは9:00~15:30
【定休日】火曜日、12月メンテナンスで休業あり
【駐車場】第2,第3駐車場あり
【〒】656-0503
【場所】南あわじ市福良丙936-3
【電話番号】0799-52-2888
【アクセス】
・淡路島南ICを降りてつきあたりを左折、少し進むと看板があり
・淡路島南ICよりうずの丘まで2km

スポンサーリンク