鳥取砂丘にある砂の美術館は期間によってテーマが変わる砂像を使った驚きの美術館!

2018年3月16日

 突然ですがあなたは、鳥取砂丘に行ったことはありますか?

 鳥取砂丘と言えば全国的に有名な砂丘ですよね。事実私も3回ほど行ったことがありますが、本当に砂や砂の壁があり砂漠かよ…と思った経験があります。

 そんな鳥取砂丘に砂を使って作った芸術品が展示されている美術館があります。それが今回紹介する砂の美術館です。砂と水だけで作られた砂像はもう立派なアート作品です!期間によって芸術作品のテーマが変わる所も見ものです!

 また砂の美術館限定の鳥取砂丘名物のお土産もあるのでそちらも楽しみに期待して見てください!

1.砂の美術館

 では今回のメインの砂の美術館から紹介していきます。

↑砂の美術館は駐車場がありそこに車を停めるのですが、まだ館内にも入っていないのに早速記念撮影ようの作品がありました!でもここたくさん人が通るから恥ずかしい…

↑砂の美術館は高台にあります。館内は美術館ということもありけっこう広いです。

↑館内に入るとまず入場料を払わなければなりません。美術館の入場料にすれば比較的安い方ですね。

入場料を払うといよいよ館内に入館です…

↑と早速面白そうなクイズをラリーを見つけました。参加料100円で参加でき、クイズに全問正解できると景品が貰えます!面白そうなので参加してみました。クイズ用紙を貰って美術館に隠された答えを見つけにレッツゴー!

↑一番の見どころの砂像展示室です!正直これを人目見た時はすごいとしか言いようがありませんでした。ハリウッドの有名人が見事に再現されています!もうスマホやカメラを構えて写真撮影している人ばかりでした!絶対撮影すべし

↑こちらは自由の女神です。アメリカのニューヨークの街が上手に再現されています!本物の自由の女神見なくてもこれでいいかもと生で見たら思ってしまいます。

↑こちらはアメリカの歴代の大統領の顔が掘られたものを砂像で再現したものです。ここまでで分かった方もいると思いますが、今回の美術のテーマはアメリカです。なのでアメリカの歴史に関係のある偉人や建造物がたくさん再現されています。

↑人や建物だけではなく動物も本物そっくりの出来栄えでとても見応えがあります。本当に今にも飛び出してきそうな勢いです!

↑こちらは宇宙開発の再現です。宇宙服やロケットの再現のレベルが半端じゃない上手さです。

↑また1つ上の階から砂像展示室を見ることもできます!見る方向が変わればまた違った作品に見えるので是非色々な角度から見てみてください!

↑砂の美術館内には小さな売店がありそこで砂の美術館グッズを買うことができます。こちらは砂の美術館オリジナルファイルです。

↑今回のテーマがアメリカということもありアメリカの人形ココぺリというものも販売されています。ココぺリかなり高いです(笑)

 そして砂の美術館には砂像展示室以外にもう1つ見どころがあります。それが展望広場です。

↑展望広場からは鳥取砂丘日本海の絶景を見ることができます!この日は天気が悪く風が強かったのでかなり寒かったですが、晴れていればより綺麗な景色を見ることができます!

↑そして以前に岡山県の牛窓オリーブ園で見たことのある幸せの鐘が展望広場にありました!これは是非カップルで鳴らしたいものですね~。1人なので一緒に鳴らす相手がいないのが寂しすぎる(泣)

 以上で砂の美術館についての紹介は終わりです。最後にクイズラリーの答え合わせをしてもらい…

↑全問正解だったので、砂の美術館限定品の缶バッジを貰うことができました!これはかなり嬉しい。

2.砂の美術館に変わったお土産?

 次に砂の美術館のすぐ真下に位置するお土産売り場のお土産について紹介します。

↑まずは、すなチョコという完全に鳥取砂丘限定の砂に似せたチョコレート。味はホワイト、チョコ、いちごの三種類があります。驚くべきはその値段ですなちょこ4枚に対しその値段は550円です。1枚130円以上のお高いチョコです。

↑ということでホワイトを買いました。表は砂の粒つぶをゴマで表現しており、裏はきな粉で砂丘の感じをイメージしているアイデアチョコです!

 食べるとけっこう分厚くて食べ応えがあり、ホワイトチョコときな粉とゴマの風味が一斉に口に中に広がり色んな味を楽しめるオシャレなチョコレートです!紅茶があれば最強です。

 すなチョコ→★★★★★

↑砂丘名物のコーヒーを活かしたコーヒーサブレもあります!これは試食があり食べてみたのですが、コーヒーの風味が強くあっさり食べることのできるついたくさん食べたくなってしまう依存性の強いサブレです!これもオススメです!

 コーヒサブレ→★★★★★

↑こちらは完全にネタ枠のらっきょうチョコレートです。誰がらっきょうとチョコを混ぜよと思ったのですかね…説教したいくらいのレベルです。物好きな方は一度試してみてください!

↑らっきょうチョコよりはましですが、ナシータカレーーもなかなかやばそうな雰囲気が漂っております。鳥取だから何でも梨を入れてやれ!という発想は危険ですよ…

↑こちらは二十世紀梨のタルトです。以前島根ワイナリーで見たぶどうフィナンシェと同じ企業が作ってるタルトです。こちらは買っていませんが、ぶどうフィナンシェでの信用が厚いので美味しいと思います。

↑某有名RPGゲームに出てきそうな感じのキャラクターに近い砂の妖精?も販売しています。砂の妖精なんか自分で作れそうな気がするんですけど(笑)

まとめ

砂の美術館は生で見るとすごい迫力!カメラは必須アイテム!
展望広場からの絶景を見たりカップルで幸せの鐘を鳴らそう!
・砂の美術館の面白お土産も見ていて楽しい

砂の美術館

【営業時間】
・平日,日曜日:9:00~18:00
・土曜日:9:00~20:00
【会期】2017年4月15日(土)~2018年1月3日(水)
【駐車場】あり
【〒】689-0105
【場所】鳥取県鳥取市福部町湯山2083
【電話番号】0857-20-2231
【アクセス】国道9号線より鳥取砂丘に砂丘から徒歩3分ほど