丹波市で毎年恒例のぜんざいフェアが始まりました!

2018年11月15日

皆さん丹波市でぜんざいフェアが開催されたことを知っていますか?

丹波市の名産品として栗や黒豆が知られていますが、大納言小豆も名産品となっています。

その小豆を使ったぜんざいフェアが2018年11月3日から2019年2月18日まで開催されています。このぜんざいフェアですが実は毎年開催されている人気イベントです。

この記事ではぜんざいフェアの詳細を紹介していきます。

兵庫県に住んでいる甘い物好きな人は必見ですよ!

スポンサーリンク

ぜんざいフェアの詳細

ぜんざいフェアは丹波市の32店舗の飲食店が参加しているイベントで、参加している各飲食店独自のぜんざいを食べることができます。

イベントと言うことなのでB1グランプリみたいに一箇所の場所に集まっている訳ではなく、各飲食店に行く必要があります。

そしてこのぜんざいフェアに参加するのに必須品があります。

↑それがこちらのぜんざいフェアと書かれた、名付けてぜんざいフェアブックです(笑)

↑このように各店舗のぜんざいが写真付きで載っており、ぜんざい好きにとっては、非常に興味深い内容となっています。

写真には載せてないですが、コーヒーぜんざいやぶらっくチャイナぜんざいといった謎のぜんざいもあります(笑)

これを見て自分が食べたいぜんざいを決めることができるのでこの本は必須です。

↑またぜんざいだけではなく、丹波市の有名なお土産やオススメお土産も取り上げられており、お土産を買う際の参考になります。

↑そしてぜんざいフェアは食べる楽しみだけではなく、スタンプを集める楽しみもあります!

ぜんざいフェアに参加している店でぜんざいを食べるとスタンプを一つ押して貰えます。(私もぜんざいフェアに参加していますw)

スポンサーリンク

スタンプを6つ集めると5000円の金券に応募することができます。応募した時点で500円の金券は確実に当選します。

なので食べて集めてお金が貰えるそんな楽しいイベントとなっています!

ブックの入手方法

以上よりブックを入手する必要があります。入手方法は2つあります。ちなみにブックは無料です。

1つ目は、ぜんざいフェアに参加している店で入手する方法です。これは確実に入手できる方法ですが、ぜんざいフェアに参加している店が分からない場合がありますのであまりオススメしません。

2つ目は、道の駅や観光センターで入手する方法です。実は私も道の駅丹波おばあちゃんの里で入手しました。丹波市の施設なら置いてある可能性が高いのでこちらがオススメです!

まとめ

・丹波市の色々なぜんざいを味わえる
・スタンプを集める楽しみもある
・まずはブックを手に入れよう!

スポンサーリンク