今出せせらぎ園はそば処で山と川に囲まれた心落ち着く空間

2018年11月15日

普段生活していて自然に囲まれら場所に行ってリフレッシュしたいなと思っている人いませんか?

そんなあなたの心を癒す空間を見つけました!

それが今回紹介する今出せせらぎ園です!今出せせらぎ園は丹波市にあるそばが有名なお店で、また前記事で紹介したぜんざいフェアに参加しているお店です!

そして周りは山と川に囲まれており、夏は川遊びやバーベキュー、秋は紅葉を楽しむことができます!

都会で心が荒んでリフレッシュしたい人自然の写真を撮りたい方にオススメスポットです!

スポンサーリンク

↑今出せせらぎ園の外観です。見るからにそば処といった雰囲気が漂っています。人が少なそうでワクワクしてきます。

そばが名物でぜんざいが食べられる!

ではまずは食事から紹介していきます。

↑食事処はこのような和のテイストであり落ち着いた空間となっています。

以前紹介した新田ふるさと村もここと似た空間で心落ち着く場所なので興味ある方はこちらも是非見てください↓

↑メニューのほとんどがそばとなっています。メニューがそばだけということもありそばはかなりの本格派だそうです。そば湯が飲める所もいいですよね~。

そばが有名ですが、冒頭でも述べた通りぜんざいフェアに参加しているお店でもあるんですよ!

ちなみにぜんざいフェアってなんだ?と思った方はこちらの記事もどうぞ↓

ということで今回はそばではなくぜんざいを食べてみました。

スポンサーリンク

 

↑こちらが今出せせらぎ園の丹波栗ぜんざい(450円)です。地元の丹波栗と餅の焼き方にこだわった一品です。

味は、ぜんざいの汁が甘すぎないで餅の焦げがとても美味しく、丹波栗もいいアクセントとなっています。そして備え付けの塩昆布を合間に挟むと最高です!

450円で味良し、餅3つ栗3つも入っており高コスパなのでかなりオススメです!

丹波栗ぜんざい★★★★★

↑そして無事スタンプを貰うこともできました!

お土産

次は今出せせらぎ園の面白お土産を紹介していきます。

↑そばが有名なのでそば粉を使ったそばかりんとうです。ぜんざいを食べた時に出されたので食べましたが、美味しかったです。

↑ぜんざいに入っていた丸餅です。この丸餅一見すると普通の丸餅に見えますが、見た目より小さい非常に食べやすい大きさです。

もち米も地元のを使っているようなので、オススメです。

↑パッと見蛇と勘違いしてしまった自然薯です。最高にキモイ形をしています。値段もこの大きさで6千円と高く買う気が全く起こりません。

↑謎のカワイイ置物。相当お金に余裕がないと買う気にはなれません。

↑カワイイ?デザインを施したど派手なマスク。これを欲しいと思った人はDQNと見て問題ないであろう(ゆーま基準)

清純な女子なら買わないでくれー(願望)

自然がたくさん!

今出せせらぎ園の周りには自然もたくさんあります。

↑前には川がありここで夏にバーベキューや川遊びができます。キャンプするにもかなり立地がいいですね。

↑今出せせらぎ園を遠くから撮影するとこんなに自然に囲まれていることがよく分かります。人も少ないしマジ最高!

↑周りには散策できる道があり今の時期はイチョウや紅葉が見頃です!今回のベストショットと言っても過言ではないくらいの綺麗さです(被写体がいい)

↑いかにも女子がインスタに載せていたりラインのアカウントにしてそうな写真を撮ることができました(笑)

この写真のポイントは紅葉しかかっている木の向こうに橋が見えているのがポイントです(ドヤ顔)

また近くに熊野神社という神社もありました。

↑人気が一切なく一人で入るには少し勇気がいる神社ですが、中は立派な佇まいをしています。

↑こちらの木は樹齢何千年?と思わせるくらい太くて立派です(卑しい意味ではないw)

神社の中に入ってみると本当に虫の鳴き声くらいしか聞こえないほど静かなので心を落ち着けたい人には最適です。

まとめ

・今出せせらぎ園はそばが名物でぜんざいも食べられる
・面白い形の自然薯やヤンキーマスクもある
自然がたくさんあり散策もできる

今出せせらぎ園

【営業時間】11:00~16:00
【定休日】木曜日
【場所】丹波市青垣町遠阪1625
【電話番号】0795-88-0558
【アクセス】北近畿豊岡自動車道青垣ICから車で10分

スポンサーリンク