淡路ハイウェイオアシスは自然と一体となったサービスエリア?

オアシス…砂漠などの乾燥地帯における緑地という意味です。

そのオアシスが、なんと淡路島にあります。その名も淡路ハイウェイオアシス!

このハイウェイオアシスは、淡路、明石、神戸や四国のお土産が多く、建物の中や外に植物園が広がる自然を感じることのできるサービスエリアとなっています!

また難易度の高いアスレチックを楽しむことのできる、ニジゲンノモリも人気となっています。

この記事が特にオススメな人

・色々なお土産や変わったお土産を見たい人

・植物園好きな人

淡路ハイウェイオアシス

↑淡路ハイウェイオアシスはかなり大きな施設で建物の裏に植物園が広がり、ニジゲンノモリがあります。

ちなみにハイウェイオアシスへは、高速を通らなくても、一般道から侵入することもできます。

↑建物の中には、木々や花が植えられており、緑を感じながらまったりすることができます。自然好きな人はこれだけでテンション上がりますよ!

↑ハイウェイオアシスの中から裏手の植物園に出ることができます。この日はあにく雨でしたが、それでも心地よい空気が流れていました!(雨上がりは雨上がりで幻想的です)

↑こちらが晴れている時の植物園です。木々の緑が日の当たり具合により違っており、木漏れ日などと混じり合い楽園のような風景に見えます。

お土産

ではいつもの如くお土産をご紹介します。とその前に、

スポンサーリンク

↑1980年代に流行った某歌番組の…しかも右上に黒柳さぁぁん!!!ではなく、淡路のマスコットキャラクターのたまこさんです。キャラ濃すぎ…

↑こちらが拡大たまこさん。つけまつげと口紅の存在感が強すぎます。

ちなみにこちらの蛇口から出る玉ねぎスープはコロナの影響でやっていませんでした。またコロナかいな…

↑ここ淡路ハイウェイオアシスには数種類の玉ねぎスープが置いてあり、どれも微妙に味が違っています。現在はコロナの影響で試飲ができませんが、通常は試飲ができます。

↑淡路名物の玉ねぎせんべいと明石名物のたこせんべいの両方を一気に買うことができます。この2つは外れがないので買っておいて損はないですよ!

↑タコの形をした最中の中に餅が入っている明石名物の子もちタコ最中!可愛くて美味しそうですが、結構あんこが甘いんですよね(お茶必須)

↑淡路島北部では、びわの生産が盛んということもあり、びわ関係のお土産も多く置かれています。中でもびわぜりーが人気です!

↑玉ねぎ天ぷらやたこ天ぷらも置いています。晩御飯や弁当には持って来いですね!

↑私も初めて見たのですが、たこしゃぶというたこのしゃぶしゃぶセットが置いていました。これは手が出ない。

↑味付けのり界のkingの大江のり!この海苔は味付けがしっかりしており、食感がパリパリです!この海苔3枚あればお茶碗1杯の白ご飯は余裕ですね!

スポンサーリンク

隣は、お土産ベスト10で10位に入っている淡路島の海苔です。

↑兵庫県南部の郷土料理のいかなごのくぎ煮。多分兵庫県以外の方は知らないのではないでしょうか?

いかなごのくぎ煮は、いかなごを醤油とみりんと生姜で煮込んだもので、熱々の白ご飯の上に乗せれば、もう他におかずはいりません。

余談ですが、私の家でも昔はいかなごのくぎ煮を作っていたのですが、最近はいかなごが値上がりしたため作っていません。

一口食べるとはまること間違い無しなので是非食べてみてください!

↑檸檬や竹炭の成分が入った手作り石鹸!絶対肌に良さそうですよね。

↑淡路島は線香も名産品となっており、オシャレで可愛い線香箱があります。見ているだけでも正直楽しいです。

世間の評判

↑淡路ハイウェイオアシスから見える淡路サービスエリアの観覧車や絶景などの評判が高かったです!流石ハイウェイ!(←言いたかっただけ)

ニジゲンノモリは、かなり難易度が高いようなので、行く人はくれぐれも注意してください。

まとめ

・お土産の種類が多い

・植物園や絶景を楽しめる

・淡路SAや道の駅あわじまで車で5分!