神戸市立森林植物園は万人にオススメの逆さ紅葉スポット!

どーもゆーまです。

今回は紅葉で人気のスポット神戸市立植物園の逆さ紅葉を紹介したいと思います!(逆さ紅葉と言うのは逆さ富士の紅葉版の事です。)

また神戸森林植物園は3月は桜6月は紫陽花、そして11月は紅葉と季節により違う景色を見れる神戸で人気の植物園となっています。

植物園だけでなく小さな子供も遊べる広場もたくさんあるので家族連れにもオススメのスポットとなっています!

この記事がオススメしたい人

・絶景の紅葉写真を撮りたい人

・インスタでたくさんいいねが欲しい方

神戸市立植物園について

神戸市立植物園は、総面積142.6haの六甲山地の一角にある広大な植物園です。1200種の木々が存在し、北アメリカの木々、ヨーロッパの木々、アジアの木々、日本の木々とそれぞれ分けられており、世界各国の木々を間近で見る事ができます。

入園料は、大人(15歳以上)300円、小人(小・中学生)150円と敷地面積の割にはお手頃な価格となっています。

↑また園内にはカフェもあり、軽食を食べることもできます。特に搾りたてミルクを使用したオリジナルソフトクリームが人気となっています。

↑園内にはうさぎ園があり、20〜30羽くらいのうさぎがいます。寒いからか分からないですが、密集していました。密になってますよ!by小池

↑またこんな不気味なトンネルもあり中は、

↑無駄にライトアップされています。昼間でもしっかりライトアップされているので不気味なトンネルも楽しむ事ができます。

スポンサーリンク

紅葉の絶景

↑紅葉の街路樹を歩けます。ドラマのロケで使われるような街路樹ですよね。庭師さんの手入れの賜物ですね!

↑紅葉の中から陽の光が差し込んでいる景色を偶然撮る事ができました。昼間の紅葉のライトアップみたいでした。

ここからは紅葉を最も綺麗に見ることのできる長谷池(はせいけ)の紅葉お見せ致します。

↑真っ赤な紅葉と黄色い紅葉オレンジの紅葉、それに木々の緑、空の青が合わさった紅葉with自然のオーケストラです。これは後世に残すべき絶景ですね。

↑紅葉と池に浮かぶ落ち紅葉とのコラボレーションが美しい一枚です。ずっと見ていると紅葉が唐辛子の粉に見えてくるほど赤く染まっています。

↑水面越しに見る紅葉で、写真撮影の一番人気のスポットです!

↑そして紅葉の向こう側に水面に映った逆さ紅葉!余りにも水面に綺麗に映り過ぎて絵と間違えてしまうレベルでした。しかもこんな絵を見たことあるような気がする。

紅葉の時期に行く際の注意事項

紅葉の季節はとても人気でかなり混雑します。開園時間が9:00からなのですが、その頃でも少し植物園の入り口で軽い渋滞がおきる可能性があります。

昼以降(12:00以降)に行くと30分〜1時間くらいの長時間の渋滞に巻き込まれる可能性が極めて高いので、渋滞嫌いな人や時間を無駄にしたくない人や 最低でも10:00ぐらいまでには到着しておくようしてください。

また昼からの場合万が一入園できたとしても園内は人だらけで納得できるような写真が撮れないかもしれません。

スポンサーリンク

3月、6月、11月以外の月は混む事が少なく行く時間帯を気にしなくてもまず大丈夫だと思います。

世間の評判

↑紅葉の季節はライトアップもされており、幻想的な景色を楽しむ事もできます。これはカップルにオススメですね!

↑6月の紫陽花も紅葉と同じく人気となっています。神戸市立森林植物園は紅葉の赤、紫陽花の青、桜の桃と様々な色を楽しむ事のできる色彩豊かな植物園ですね!

まとめ

・広大で様々な木々が樹林している

・逆さ紅葉を撮影する事ができる

・季節ごとの花を楽しめる

神戸市立森林植物園

【営業時間】9:00~17:00

【休園日】

・毎週水曜日

・12/29~1/3

【場所】神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2

【電話番号】078-591-0253

【アクセス】

・箕谷ICから約10分

・県道16号線沿い